【ゴーストリコンワイルドランズ】製品版をプレイしての感想・評価

俺はゴースト・・・

というわけで、やっと更新出来る。結構をぶっ続けでやり、用事を片付けて、バタバタと動いて今に至る。

ふぅ。

さて、今回はいくつか気になった点をプレイしての感想・評価としてかるーくまとめてみた。そう、あくまで軽ーくね。

【予約購入特典】

予約や初回限定版など特典がついてる時に買うのがお得。それでは今回俺が購入したパッケージに入ってるいる特典は下記内容だった。

1)初回生産限定特典

追加コンテンツプロダクトコード(ペルーコネクション)

2)2時間XPブースター

3)ドラゴンエンブレム(バックパックやシャツに着けるパッチ)

4)EXCLUSIVEGAME SOUNDTRACK

※サントラにウェブCMとかプロモーションに使用されていた曲が収録されていなかった(曲名わからない)残念。

f:id:escapefromreality:20170312210514j:plain

インストール時に表示されるゴーストになる為の条件や情報が流れる。事実のあり、本作品の設定としての説明も混ざって詳細されてるかな。

f:id:escapefromreality:20170312204853j:plain

【グラフィック】

オープンベータから始めて、クリア後、製品版をプレイしてみた最初の感想はとにかくグラフィックが十分に満足出来るレベル。f:id:escapefromreality:20170312204759j:plainダウングレードの懸念もあったと思うけど、例としては、ディヴィジョンが製品版を買ってプレイしてみるとダウングレードしてるじゃーん!って感じで話題になってたみたい。

それで、ゴーストリコンワイルドランズはどうなんだ!?と色々とささやかれていたんだけど、個人的見解では全くダウングレードしてませんぜ。

それだけオープンワールドの景色を楽しんでもらいたいという本気なんだろうね。グラフィックは今回の「売り」の一つだろうね。特に空のグラデーションが際立つね。光と影のコントラストもそう。自分のテレビが液晶ってだけで、綺麗だけどやっぱり4kテレビでプレイしてみたいなと思う。

f:id:escapefromreality:20170312205032j:plain

PS4のグラフィックでも十分なほどに綺麗だし、PCだともっと綺麗かな(グラボの差はあるだろうけど)それがPS4Proだと4Kレベルの綺麗さなんだろうね。それに対応していると記載されていたし。なので、現時点で各々のベストに楽しめる環境があればそれで楽しめると思う。

【キャラクターカスタマイズ】

これなかなかイイよ。カスタマイズできるって愛着湧くし、自分のキャラが即、イントロムービーで登場するのはなかなか演出だよ。

今まででキャラクターカスタマイズの自由度が高いゲームは前回にも書いた「マスエフェクト」体のでかさまで変えられるのはいいよねー。本作もプレイ前からキャラ作成をしながら早くプレイしたい!と気持ちを盛り上げてくれたね。

f:id:escapefromreality:20170312204922j:plain

【ガンスミス】

ゴーストリコンの売りの一つが細かくパーツ設定が出来る事。武器の多さなど、好きな人にはたまらないガンスミス。拾って武器を増やすことも出来るので、プレイ中に自分がまだ持ってない武器があれば拾っておこう!ただ、拾い物はガンスミスでパーツ分解出来ないのでそこは残念。

f:id:escapefromreality:20170312204938j:plain

【プレイ時間】

あの… ほら、既に本ゲームをクリアしたと動画が上がってたりするけど、ホントひたすらこのゲームをやってたんだろうなぁと思った。ま、俺も気が付いたら12時間やってて、倒れるように寝たし・・・w それだけハマるんだろうね。

12時間もプレイしたのに、まだ末端ボスエリアを一つと、他ボスエリア2つをまたいでる最中。ホントにストーリーを早く進めて終わらせるなら、ある程度のレベルをあげつつ、余計なものは切り捨てながらギリギリで進めてるんじゃないかなぁ。俺はせっかくなので片っ端からアイテムやレベルアップのスキルポイントを探したり、ミッションをクリアするように動いていたんだけど、それだとクリアなんて銀河系の彼方くらい遠いわ。

f:id:escapefromreality:20170312205128j:plain

でも、長くプレイが出来るゲームこそが、俺が求めていたもの。最強のゴーストを育てて、世界観に浸りながらボリビアを旅するぜ。

【操作性】

キャラクターの操作性はそれなりに良いと思う。ま、俺が上手ではないだけの話。ただ、移動手段となる車、バイク、ヘリ、セスナは難しい。車はタイムリミットや急いで追いかけないといけないミッションでは焦って道から外れてしまい、崖を転がり落ちて進んでいったり、岩の間に挟まってしまったりとウケるけど、難しい。ただ、ヘリは一番使用頻度が高く、使っているうちに慣れてくるよ。ただ、セスナはねぇ。ありゃ、難しい。後半になればきっとセスナ自体が移動手段になる機会が増えてくると思うので、そうすればヘリのように慣れてくるかも。

【CO-OPプレイ】

4人チーム編成でゴーストメンバーとして協力プレイがオンラインで出来る!全く見知らぬ人とプレイするのは人見知りする俺にとってはなかなか踏み出せない事なんだけど(嘘)いやー、プレイしてみるとマッチングは問題なし、ただ、お勧めとしては、やっぱり友人と一緒にプレイするか、またはちゃんとヘッドセットを購入してボイチャ出来るようにしたいかも。

意思の疎通が全く出来ないのが基本w だから、ある程度概念としてこのゲームはこうしていく方が楽しいよ、うまくいくよという基本スタイルを考えながらプレイしないと、好き勝手なことされたり、死んでも助けてくれいないし、一人でプレイしてるのと同じじゃん!と思ったりする。やっぱり意思疎通が出来て目標まで共に戦う!俺たちはゴースト!と言ってプレイしたいね。


あと、ゲームも発売されて間もないので、大体の人が車の運転に慣れてない様子。それでいざ出陣!!となった時、明らかにメンバー全員運転席に座るのを躊躇してるわけw お先にどうぞ、いやいやあなたが運転してくれる?みたいな声が動きを通して聞こえてくる感じw あ、これじゃ、キリが無いと思い、率先して「俺が運転じゃー!」と全員乗り込み、アクセル踏んで「ぅおおおお!」と進むとカーブ曲がり切れずに崖から転落w

ミッションタイムリミットとなり、スタート地点からやり直し。じゃ、今後はお前だ!と心で念じ自分は動かず助手席に座る仕草をしているとメンバーが「じゃ、俺が」と言ってるかは定かでないがそう聞こえた気がして、「ぅぅおおおおお!」とその人も気合い入れてアクセル吹かし前進すると木に激突!とか。大爆笑!!全員マイクないのに「ゴメーン!ゴメーン!」とか言ってるなこりゃと一人テレビの前で大笑いしてたよ。これがボイチャしながらだったらもっと楽しいのになーと思いながら。

※車はぶつかると最初はあっという間にボコボコになるけど、馬力はすんごい。丘でなく大きな山も、75度くらいの斜面も直進なら登りきるボリビア販売の車両)車が破壊されて爆発を起こして死ぬことはある。

ゴーストリコン ワイルドランズ 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産特典 追加ストーリー「ペルー・コネクション」ダウンロードコード 同梱) 数量限定特典サウンドトラックCD 付

ゴーストリコン ワイルドランズ 【CEROレーティング「Z」】 (初回生産特典 追加ストーリー「ペルー・コネクション」ダウンロードコード 同梱) 数量限定特典サウンドトラックCD 付

  • 出版社/メーカー: ユービーアイソフト株式会社
  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: Video Game

【見逃さないで欲しいポイント】

車を運転すると地元ラジオが流れてくる。歌が流れたり、DJの話やインタビューがあったりする。でも、これ聞き流さずにちゃんと聞いて欲しいかな。このラジオは麻薬カルテル組織から発信しているラジオ。カルテルメンバーがインタビューに応じたり、今後の展望語ったり、敵ボスはどんな人物かというのが見えてくる情報源の一つ。ある意味面白いので聞いてみて。

さて、今回はここまで!

チャオ!