【沖縄一人暮らしの食堂巡り】沖縄そば 楚辺

今日は那覇市楚辺にある「沖縄そば 楚辺」を紹介。

楚辺そばさんは結構前から有名な沖縄そば屋。壁にシーサーやキジムナーのカワイイ絵が描かれて皆さんを出迎えてくれます。

那覇市内の飲食店だと駐車場が高いし、探すの大変というのが常識。こんな常識嫌だけど。しかし、ここは入り組んだ道の先にあるのだが、ちゃんと駐車場を完備していて、大変ありがたい!店内も広いので数人で食べにいっても良いし、車で近くまで来たので寄っていこうという気軽な気持ちでも駐車場があれば余計な出費もなく、美味しいそばを食べれるのでここもオススメ。

さて、店構えは昔ながらの沖縄の家をそのままそば屋にした感じ。那覇市内に土地、家を持ってたら商売出来ますね、ウッシッシと思わせる。土地持ちの皆さん、古い自宅はぶっ壊さずにお店にリニューアルがベスト。

そんな風に思ってしまうが、別に私は皮肉れてはいない。ビジネスマインドを持っているだけだよ。場所は少し入り組んだ所にあるけど、ナビやグーグル・マップ先生に聞いてみたらすぐにたどり着くよ。

【営業時間】11:30〜21:00 無休らしい

店内に入ると玄関で靴を脱ぎ、大きな畳の間にテーブルが並んでる。そして、天井にはシャンデリア。なんじゃこりゃ。と私は思ったよ。しかも、店内は暖色系のライトで照らされているので真昼に来ても夜中の様な気持ちになる。

個人的にはこの暗さは嫌だな。食事をとっても暖色系は美味しく見えると言われているが撮った写真は、色がほとんどオレンジ。色の調整をしないと本来の色が出ないのでこの点も好きではない。とにかく店内が暗い印象。

また店内で流れている曲がこれまたそばとは程遠い若者向けの曲。店員全員若いんだけど、自分たちが聞きたい曲のチャンネルにしている感じ。別に琉球民謡流しなさいなという事ではないが、ちょっとねーと。

じゃ、その店員はどうかというと、ただ働いてますって感じかな。笑顔があるわけでもなく、気が利くわけでもなくという…

さて、肝心のそばだけど、スープは豚出汁メイン。味はしっかりしてます。麺は細平麺。私の好みじゃ。注文したのは「軟骨ソーキそば」650円

そば、ねぎ、かまぼこの基本構成。ソーキは甘めにじっくり煮込んだトロトロソーキ。麺もソーキも量が結構あってお得。ただ、そばを食べにという気持ちならこのメニューが安くお腹も満たされると思う。そばは美味しくて好き。そば、ソーキは満点。

何度も来てるけど、その他は変わる様子も全然ないのでいちいち気にしていては気分が悪くなるので、とにかく美味しいそば食べてとっとと帰る。これに限るね。

何度も言うが、そばが美味しいのは事実なので、店員の態度や雰囲気は苦い顔してしまうけど、失礼な態度や言動があるわけではないので、多分他のお客も何も言わないんだろうなと思う。

「美味しいから来るだけ」のお店。

ホント、ここまでウェルカム感を全く感じさせない店も珍しいと思う。でも、美味しいので一度は行ってみて!